外貨投資で重要なスワップポイントを理解する

外貨投資として人気が高いFXで、スワップポイントは必ず理解しておきましょう。
FXにおいて為替差益以外で利益を出していく方法として活用されています。
スワップポイントというのは金利差調整分ともいわれており、投資を行っている2国間の金利の差より得ることができる利益となっています。
日本のように低金利な状態の通貨を売りながら、豪ドルのように高金利となっている通貨を買っていくことで、金利の差額が利益として受け取れるようになあります。
スワップポイントというのは金額が大きくなることはありませんが、毎日付与されていきますので、魅力的な利益ともいえるでしょう。

スワップポイントを理解する前に、あらかじめ色々な通貨を理解しておくようにしましょう。
まず米ドルというのはニュースなどで変動要因などの情報を手に入れやすいです。
豊富な情報から外貨投資で活かせるか判断しやすくなっています。
米ドルの力は一部では徐々に弱くなっているといわれていますが、依然世界で活用されている基軸通貨です。
取引量も活発で増えていますので、投資する判断を行えるようにしましょう。
米ドルと同じ基軸通貨として注目されるのがユーロです。
取引量も増えており基軸通貨として確実な地位になりつつあります。
日本だけでなく世界各国の中央銀行でユーロの保有高を増やしていますので、需要はますます高まるでしょう。

そんな基軸通貨と一緒に変動するケースが多い通貨も理解しましょう。
例えば昨今注目されているイギリスで流通しているポンドは値動きが激しく、FXではデイトレード向きともいわれています。
レートの変動からリスクも高いため、取引に慣れてきた投資家が挑戦しています。
スワップポイントも高めに設定されています。
他にも通貨は豊富にありますので、高金利通貨のメリットとデメリットを把握しましょう。

円安となっている現在、為替差益やスワップによる金利収入は非常に大切です。
そして個人の投資家も積極的に取り入れながら投資を行っています。
ただ損失もありますので、リスクを考えながら投資を行いましょう。

Make a comment

FXや投資を始めるために知っておきたい政策金利の影響について

初心者の方やこれからFXをはじめる入門者、投資に興味がある…そういった方にとっては政策金利や相場って実際のところ、どのように為替に関係してくるのだろうという疑問もあるのではないでしょうか。
先ずは政策金利ですが、中央銀行が一般の銀行にお金を貸し出す際に付く金利の事です。
政策金利は各国の中央銀行が決めており、日本では日本銀行が決める事となります。

政策金利を決める要因とは、例えば景気が上昇し、かつてのバブルの様な状態が訪れると、後にインフレ=物価上昇が長引いてしまったりする要因になるため、中央銀行によって政策金利の引き上げを行い、加熱している熱を冷まします。
逆に、景気の悪化が続くと、一般の消費者の財布の紐も固くなり、消費を抑えるため、ますます景気が悪化していく要因となるので、中央銀行が政策金利の引き下げを行い、景気の悪化を防ぎます。
分かりやすい例えだと、皆さんの中にも家を購入したり購入を検討していらっしゃる方も居られると思います。
この住宅購入の際の住宅ローンの金利は政策金利によっては35年ローンなど長期ローンを組む際に最終的な支払に大きく影響を及ぼす事となります。

景気はその国が混乱を生じさせないように緩やかな変動をするのが望ましく、バルブやリーマンショック、チャイナリスクの様に急激に世界経済ごと変動するような要因があれば、経済の動向を見ながら金利の上げ下げを行い、国内経済の調整を行っていきます。

では、政策金利の変動は投資家にとってどのような影響があるのか?
FXの世界では国内外の為替を売買するため、例えば金利の高い銀行の方が利息も多く付くため、より資産を増やせる事となります。
対比されやすい米ドル対日本円でFXを考えると、日本が金利2%でアメリカが4%の場合、金利は日本よりアメリカの方が倍高い事になるため、投資家は円を売ってドルを購入します。
それによって、為替の相場は円安ドル高。
逆に日本が4%でアメリカが2%の場合、ドル売り円買いが進み、為替の相場は円高ドル安となっていくのです。

Make a comment

外国為替と外貨預金の違いとは

投資をこれから始める方に向けて重要なポイントの一つをお話ししたいと思います。
皆さんは外国為替と外貨預金の違いをはっきりと区別する事が出来ますか?
外国為替とは、通貨の異なる2か国間のお金を貸し借りする際、為替手形や小切手などを用いて決済を行い、実際の現金のやり取りは行いません。
対して外貨預金とは、日本で1998年に外国為替法が改正されたことによって個人投資家でも投資が出来るようになった投資手法の一つです。
分かりやすく解説すると、日本円を預けて利息を受け取るのではなく、ドルやユーロなどの外国の通貨建てで預金を行って資産を増やす投資手法の一つです。

資産運用で言えば、外国為替も外貨預金も外国の為替を購入するという共通点があります。
それならば初心者にとってはどちらを利用すれば分かりやすく、より簡単に資産運用をする事が出来るのでしょうか?
外国為替と言えば、皆さんもご存知の方が多いFXが有名です。
このFXとはForeign Exchangeの略で、外国為替証拠金取引の事を言います。

日本円などからドルやユーロなどの異なる2国間の外国通貨を売買する事を言い、この際に生じる売買差益によって資産を増やす仕組みになっています。
今では既に多くの方が海外旅行へ行かれた事があると思いますが、その時に日本円を旅行先の国の通貨へと両替をされると思います。
例えば、アメリカへ行く際、1ドル120円の時に10万円を両替すると833ドルになりますが、1ドル100円の場合だと、1,000ドルになります。
1ドル120円の時と100円の時であれば20円の差となり、100円の時にドルを購入し、120円で売った場合には20,000円の利益となります。
逆に120円で購入し、100円で売った場合には…皆さんもお分かりだと思いますが、20,000円のマイナス利益となって資産が目減りしてしまいます。
この仕組みを資産運用に活かしたのがFXで、証拠金=保証金を預ける事によって、その証拠金の最大25倍までのレバレッジ(掛け金)を掛ける事が可能となっています。

外国為替は先にも述べた様に、日本円を銀行などに外貨建てて預金を行います。
この外貨は預ける銀行などによって取扱い外貨が異なっており、外貨預金は一定期間預け入れるのに対してFXでは売買は自由なため、短期間で利益を得る事が出来、レバレッジによっては短期間で大きな利益を得る事も可能となっています。

Make a comment

FXをはじめる前に知っておきたい専門用語

外為って皆さんはご存知ですか?
これから投資をしたい、FXをやってみたいという方にとっては何もかもが未知の世界。
専門用語も多く、なかなか投資への一歩を踏み出せないと考えていらっしゃる方も多いと思いますが、入門の方に、少しでも専門用語や資産運用に関わる専門用語がお伝えできればと思っています。

外為とは、外国為替の事を言います。
外国為替とは、異なる2か国間通貨の賃借に対して現金でやり取りを行わず、為替手形や小切手などで決済をすることを言います。
この外為、もう一つ意味があるのを皆さんはご存知でしょうか?
外国為替証拠金取引の事を言い、英語でForeign Exchange、略してFXの事を言います。

FXとは異なる2か国間通貨の“売買”を行い、その差益で資産運用を行っていく投資手法のひとつで、多くの方が実際に資産運用を行っています。
例えば…
米ドルと日本円をやり取りする際、1ドル130円と1ドル100円ではこの差益は30円となります。
FXで100円でドルを購入し、130円に値上がりした時点で売る事で1ドル当たり30円の利益を手にする事が出来ますが、逆に130円で購入し、100円で売った場合には30円の損失となります。

FXを始めるには証券会社などで口座を開き、証拠金=担保金を預ける必要があります。
しかし、この担保金を預け入れる事によって、最大で15倍のレバレッジを掛ける事が出来、10万円を預け入れた場合、単純計算で250万円分の取引を、100万円の証拠金を預け入れる事によって2,500万円までの取引を行う事が出来ます。
250万円で米ドルを100円で購入すると、25,000ドルとなり、130円で売ると75万円の利益が入る事となります。
しかし、逆の場合は75万円の損失となるため、個人投資家は為替相場を見ながら売買のタイミングを見極めていきます。

FXでは単に売買差益だけで利益を手に入れるのではなく、スワップポイントと言って、通貨を保有する事で利息を得る事も可能です。
これは金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を購入する際に生じる金利差の事で、毎日発生する事もありますので、初心者の方はこのスワップポイントを狙った方が良いというプロ投資家も多くいます。

Make a comment

通貨において銀行も注目する物価の安定

銀行も通貨へ投資を行っていますが、ある程度為替レートを判断しながら投資を行っています。
消費者にも世界各国の通貨のレートが大きく絡んでいきますが、例えば物価と大きく関係していきます。
物価とは密接な関係があり、円高になると安くなり、円安になると上昇していきます。
不動産ローンなどでも金利が安くなることがありますので、レートは常に意識をしておくべきです。

色々な外貨における情報、そして投資を検討している方におすすめのブログはこちらとなります。

そんな中でニュースなどで見かける金融政策を理解しましょう。
金融政策というのは日本だと日本銀行によって利子率を変更していきます。
すると世の中に出回っている通貨供給量が調節されていきます。
こうなるとインフレもしくはデフレ状態となっている物価の安定を図っていくことができるとともに、経済の動きを把握し調整していくことができます。

通貨供給量を調節していくことは重要で、必要量以上に通貨が市場へ出回ってしまうとカネ余りの状態となってしまいます。
すると物価も高騰してしまいインフレ状態となります。
反対に不足してしまうと物価は下落してしまうデフレ状態となります。
いずれも経済活動が崩壊しますので、日本銀行では通貨供給量をしっかりと動向観察していきます。
そして市中に出回っている通貨量のバランスを取れるように調整していきます。

バランスをとるために金融緩和や金融引き締めという方針を決めていきますが、これは物価が沈滞している状況で活かさせていきます。
経済活動を刺激していくために金利を下げていったり、通貨供給量をバランスをとるために増やすことで金融緩和を行います。
反対に通貨供給量を減らしていく時には抑制されていきます。
これが金融引き締めといわれています。

物価の安定を目指す金融政策は、良い景気を保っていくために長期間で行われます。
これは物価の安定によって、適切な雇用水準を守っていったり経済成長に反映させていくためです。
過剰に好不況になるとバランスが取れず、その後の経済崩壊を招くことがあるためです。
投資を行う際にも参考にしていきましょう。

Make a comment